シェアハウスの自室で使える照明「onia」

おしゃれに飾る

シェアハウスでは、賃貸物件であるためにDIYの範囲が限られています。
壁に穴を開けたり色を塗ったりが禁止されており、同じことが床でも言えます。
最近ではこのような賃貸物件でも楽しめるDIYを特集したインテリア雑誌も販売されていて自分の部屋だということを表現しようと考える人が増えているのです。

賃貸物件でも上手にインテリアをおしゃれに見せたり他の部屋と差別化を図るのに最も簡単なのはマスキングテープでのデコです。
マスキングテープを用いて壁に色をつけたり柄を描くことで、おしゃれ物件の壁のようにすることができます。
それでも足りず本格的なものを始めるならば、ドアに板壁風にしたベニヤ板を貼って他の部屋のドアとは違うものにするという方法もあります。

オシャレッスマート証明onia(オニア)

最近、注目を集めている照明がonia(オニア)といいます。
このオニアというのは照明の色が上下の2色に分かれるキューブ型の照明です。

面白い特徴が照明の明るさの調節や色の調節といったものやタイマー機能というものをすべてスマホで行うことが可能です。
Bluetothを使って照明と接続をして電気をつけます。
この電気が利用者の感情と使用状況に合わせることが可能です。

このような照明での色をつけるのはアプリを用います。
アプリにはもともと幾つかの単語が登録されていて、その言葉をアプリに向かって話しかけると、言葉を認識してマッチしたカラーの色がつくという仕組みです。

また、感情だけでなくバイオリズムを分析してくれるシステムもあります。
こちらのサイトでも詳しく説明しているためご参考ください。
生年月日とその日の日付を用いて今最適なカラーを表現してくれるのです。
オニアには、すべてで14色もあり、その色がすべて5段階に光の量を調整することができます。
>>スマホでコントロールできるスマート家電「onia」。ご支援よろしくお願いします! ~onia~ 日本ポステック製品部

シェアハウスの魅力

シェアハウスの魅力は様々ありますが、やはりお洒落な部屋での生活というのは大きなものです。
将来的に家を買った時や、結婚したらできないだろうなと思うインテリアに挑戦できるのもシェアハウスだからこそのことです。
このようなお洒落な照明にあった部屋にするためにカバーリングを変えてみたり、壁の色を変えてみたりといったアイデアを出して、賃貸物件の中でどのようにそのアイデアを実現するかということを考えて作っていくというのはとても楽しいことでしょう。

内装をこだわって色々とやっているうちに、他の人たちから自分の部屋もおしゃれにして欲しいと声をかけてもらえたり、部屋の内装をどのように変えたのかレクチャーして欲しいと言われたりすればもっと頑張ろうと励みにもなります。
また、同じように内装をこだわる人がハウス内に入れば切磋琢磨して可愛いものを作ろうとすることもでき、趣味として楽しむ環境ができることもあります。