ルームメイトと楽しめる音楽機器「Air Speaker」

ルームメイトとの時間

ルームメイトとは同じ部屋で過ごすものですから、やはり仲良くしていたいものです。
特に、二人で共通の趣味があると盛り上がりやすくて、なおかつ仲が深まりやすいといえます。
万が一趣味が合わなかったとしてもそれぞれの好きなものを教え合って趣味のレクチャーの時間を設けるのも仲良くなるのに効果的です。
少しでも話をする機会が持てていけばいつの間にか仲良くなっていて、普通に話せるようになっていったり趣味の話題を言い合えるようの状態になっていくことができます。

ルームメイトと楽器

もしも、お互いがなかなか心を開くことができないなぁと感じた時、関係性を救ってくれるのが楽器です。
お時間がある方は、こちらもどうぞ。
楽器はお互いに会話がなくても会話をしているような状態を作ってくれますし、二人で1つの音楽を奏でるようになるのでだんだんと友達意識が芽生えてくることが多いです。
>>バックパッカーするなら、ギターかウクレレ始めよう! Thailand Backpack Collection

楽器は同じものでも異なるものでもどちらでも大丈夫です。
同じものであれば、一緒に楽器を動かして同じものを演奏してみたり、ハモってみたりすることもできます。
また、違う楽器であれば一緒にセッションをして盛り上がることもできます。

楽器演奏可能なシェアハウス

せっかく楽器をやるとなると、小さな音で周囲の人のことを気にしながらというのは演奏をしていても気持ちの良くないものです。
せっかくならば大きな音で演奏をしたいですし、思いっきり演奏をしたいものです。

そのような場所が防音室です。
シェアハウスの中でも楽器を演奏したいと思って言える人たちが集まる物件であれば防音室があり、その中で自由にガキの演奏することが許可されています。
防音室での音というのはほとんどが外に漏れないですから思いっきり演奏をしても良いのです。

防音室がなかったら室内で周囲の迷惑にならないように小さくなりながら演奏するかそれ以外には楽器を持ち出してカラオケに行うしかありませんでした。
防音室があることはとても恵まれていることですしありがたいことなのです。

また、楽器演奏が出来る物件で、なおかつ防音室もあるような物件であれば楽器が置かれているということもあります。
楽器が置いてある場合で、相手が自分とは違うものをしている時には是非とも自分の楽器のレクチャーをして相手にもレクチャーをしてもらう機会を設けて教えあうことがお勧めです。