ペットも飼えるシェアハウス

防音対策も考える

人間は昔から犬や猫と生活をしてきました。
一人暮らしをしながらペットを育てるということは、散歩や食事、排泄の世話はもちろんスキンシップの時間も取らなければならないので決して楽であるとは言えません。

しかし、ペットとの生活というのは日々の中で癒しの時間となります。
そしてペットとの時間があるおかげで仕事を頑張ろうとも思えるものです。

一人暮らしの場合には、家で一人の時間を過ごすためにペットを飼育したいと考える人も多いものです。
しかし、残念ながらペットの飼育の可能な賃貸住宅は少ないために、なかなか飼うことができないのが現実です。

そして、多くの場合がペット飼育可の賃貸物件に住んでも、鳴き声や足音で近隣住民に迷惑をかけていないかと不安になってしまいます。
もしもうるさいと思われたらと不安になってしまうと愛犬に対しても厳しい態度を取ってしまったり、お互いにストレスフルになってしまって良くない状況に陥ってしまいます。
そこで、やはりペットと暮らせてなおかつ防音対策ができていたり、周辺環境の整った物件に住めることが理想的であると言えます。 

ペットと入居できるシェアハウス

最近はペットと住むことができるシェアハウスが増えています。
ペットと住むことができるということが事前にアナウンスされているために、入居者は動物が好きな人がほとんどです。
そのため、他の入居者に気兼ねなく飼い主もペットも過ごせるというメリットがあります。

そして、そのようなシェアハウスはペットにとっても過ごしやすい環境が整っています。
東武スカイツリーラインの蒲生駅から徒歩10分のHOUSE-ZOO壱番館は犬も猫も入居が可能なシェアハウスです。

小型犬の洗えるバスタブがあったりキャットタワーが付いていたりと初めから犬や猫のことを受け入れられる体制が整っています。
また、そのように設備が整っていても家賃は共益費を含めても45000円から80000円ほどと住みやすい価格設定です。

西武池袋線の西所沢駅から徒歩10分のHOUSE-ZOO四番館は小型犬、中型犬と猫の飼育が出来る物件でドッグランが完備されています。
また、東武東上線の東武練馬駅のところにあるHOUSE-ZOO三番館は猫専用のシェアハウスですから犬が苦手という猫でも入居ができます。

このようなペット可能な物件では、犬や猫が好きな人たちが集まるのですが、それでもマナーは必要です。
最低限のしつけはして他のペットと仲良くできるように配慮したり、吠えないようにしつけたり、ワクチンを接種したりということはきちんと行う必要があります。

ただし、このようなルールをきちんと守ることができればハウス内で愛犬や愛猫もかわいがってもらえます。
また、仕事が忙しかったり出張や旅行で家を空けてしまう時も、シェアハウスの人たちが愛犬や愛猫の面倒を見てくれますから安心して出かけられます。

入居者が皆犬や猫が好きということは、犬や猫にも伝わりますし、仲間として迎え入れられたと感じて幸せな気持ちになれるものです。
犬にとっても猫にとっても、飼い主にとっても気持ちよく過ごせるこのような施設は理想的であると言えます。