シェアハウスの家賃相場

一人暮らしよりも安い

シェアハウスに住むということはおしゃれな物件に生活して、青春を満喫したおしゃれな暮らしができるといったイメージがあります。
確かにシェアハウスによっては新築物件であることもありますし、シェアハウスのように改築されたリノベーション物件であることもあります。

シェアハウスでの生活は一人暮らしよりも安くできると言われています。
一人暮らしの物件と異なり、シェアハウスであれば個人スペースが狭いこと、バスやトイレといった設備が共用であること、こういったことが理由としてあげられます。
また、一人暮らしではなかなか住めないきれいで広々とした住宅に住むことができます。

シェアハウスは人気であるため、都心や地方などさまざまな場所に点在しています。
こういったことからシェアハウスの家賃にも金額差が生まれてきます。
また、シェアハウス自体の建物の形でも金額は変わります。

例えば、個室の部屋がきちんとあったリビングが広い都心の物件では金額は他よりも高くなります。
しかしドミトリータイプであれば人と顔を合わせる機会は多くなりますが家賃価格を抑えることができます。
一概にシェアハウスといってもこのような違いがあるため、自分の予算や条件に合ったものをきちんと探しましょう。
この手間を惜しんでしまうとせっかくの新生活がうまくいかなくなってしまい、余分な出費となってしまう可能性があることを念頭におくことが大切です。

シェアハウスと一人暮らし

シェアハウスは敷金や礼金、仲介手数料を支払う必要がないので初期費用は抑えることができます。
そして、公共料金が管理費に含まれているので、家賃と公共料金との合算で見るとシェアハウスの方がリーズナブルと言えます。

ただし、シェアハウスも入居にあたって入会金やデポジットであったりというものを支払う必要があります。
細かい規定はシェアハウスによって異なりますが、一般的に初期費用は一人暮らしよりもシェアハウスの方が半額ほどで済ませられるとされています。
このように敷金や礼金がシェアハウスでは不要なのは、修繕費用が一人暮らし物件よりもリーズナブルで済むこと、賃料の不払いが少ないこと、などがあります。

また、一人暮らしでは、かぐや家電を購入しなければなりませんがシェアハウスでは必要ありません。
シェアハウスに入居する場合には洋服のような個人の荷物だけ持ち込めば良いことが多いです。
このような面でもシェアハウスの方が初期費用がリーズナブルに抑えられます。